>

災害時の集合場所を決めよう

集合場所を決めて集まれるようにしよう

災害発生に備えて、家族との集合場所を事前に話し合っておくことが大切です。
災害時に家族の安否が確認できないと不安になります。
連絡が取れない可能性を考えて集合所は決めておきましょう。
いざ災害が起きた時に慌てないために、自分が住んでいる所の自治体のホームページや国土交通省ハザードマップポータブルサイトなどから避難場所、避難経路を確認しておきましょう。
災害時には建物が転倒していたり、火災が発生したりと危険な状況もあります。
そのような事態になっている集合場所に集まるのはとても危険です。
災害時の危険な状況も考え、家族の集合場所は複数用意した方が良いでしょう。
複数の集合場所がある場合、集合場所で上手く会えない時でも書置きを残せば安否の確認などができます。

避難所を知ろう

災害時の集合場所となると、近くの避難場所を思い浮かべ、避難所を集合場所にする方が多いと思います。
近所の避難場所が分かったら避難場所、避難経路を把握するために実際に見に行って知っておけば、災害時でもスムーズに集合できます。
災害時の避難場所は沢山の人が集まるので、集合場所と決めていても家族を見つけることが難しくなります。
その為、避難場所でも具体的な場所を集合場所に指定しておいた方が集合しやすくなります。
小学校が避難所の場合、運動場にある鉄棒や砂場などと具体的に決めておきましょう。
災害に備えて避難場所について理解しておく必要があります。事前に自治体のホームページなどで近所の避難場所を確認しておきましょう。


この記事をシェアする