>

災害時における家族との安否確認方法とは

災害用伝言ダイヤルを知っていますか?

災害用伝言ダイヤルとは、災害時に利用できるサービスです。
安否確認の伝言を録音し、再生できるものとなっています。
電話が繋がりにくくなっていても、被災地外の伝言センターに接続するので比較的繋がりやすい仕組みです。
再生は被災地だけでなく、全国各地で再生ができます。
利用方法は、「171」に電話をかけます。
そのまま音声ガイダンスに従ってメッセージを録音します。
これで伝言を録音することができます。
伝言の再生をしたい時も「171」に電話をかけます。
再生の場合も音声ガイダンスに従って操作すれば、録音された伝言を聞くことができます。
災害用伝言ダイヤルは決まった日に体験ができるので、災害時に備えて事前に体験してスムーズに利用できるようにしましょう。

インターネットの災害伝言板

災害用伝言ダイヤル以外にもインターネットサービスを利用した災害用伝言板があります。
災害時に各携帯会社が提供しているサービスです。
こちらのサービスは、自分の安否情報をメッセージとして登録することができます。
メッセージは100字程度のものとなります。
安否情報が知りたい人の携帯番号を使用してメッセージが閲覧できます。
会社によっては、知り合いのメールアドレスに安否情報の連絡を送れるサービスもあります。
こちらのサービスも、災害用伝言ダイヤルと同じように決まった日に体験ができます。
利用方法の確認ができるので、使い方が分からない人は体験してみましょう。
各携帯会社が提供する災害用伝言板の利用方法はそれぞれ異なっているので、事前の確認が必要となります。


この記事をシェアする