大きな地震発生時、家族と連絡が取れないときにすべき行動とは?

家族との連絡が取れない時の安否を確認する方法

災害時に使える伝言ダイヤル

地震災害が起こった時に、家族との連絡方法は確保していますか?
地震災害はいつ起こるか分かりません。
家族が離れ離れになっている時に地震が起こる可能性もあります。
災害時には電話で連絡を取ろうとしても、電話の回線が混雑していて中々繋がらずに焦ってしまう場面もあるかと思います。
そのようなことにならいない為に、前もって災害時の安否確認手段や集合場所を家族と決めておくことが大切になります。
連絡手段と言っても事前に知っていないと、災害時には活用できないこともあります。
例えば、災害用伝言ダイヤルがあります。
災害用伝言ダイヤルとは災害時に使えるサービスです。
伝言を録音して、自分の電話番号を知っている家族などが全国で伝言を再生できるサービスです。
このサービスを知っていれば、もしもの時に電話が繋がらない場合でも災害用伝言ダイヤルを利用して安否確認ができます。
似たようなサービスとして、各電話会社が影響している災害伝言板と言うものもあります。
他にも、SNSを活用して家族と連絡を取りあう事ができたりします。
使いやすいSNSを前もって話し合って決めていれば、災害時の連絡手段となりえます。
SNSには連絡手段だけでなく、災害時のお役立ち情報を集めるのにも活用できます。
また、災害が起こってしまった際に避難場所を決めておけば、災害時に連絡が取れなくなった場合でも避難場所で落ち合うこともできます。
このサイトでは災害時に役立つ連絡手段を掲載しています。
災害時の連絡手段の方法として役立ててください。

災害時における家族との安否確認方法とは

災害時には携帯電話は繋がりにくくなり、電話での安否確認が中々出来ない状態になります。 そのような時に利用できるのが災害用伝言ダイヤルです。 災害用伝言ダイヤルの「171」にかけると、伝言を録音して全国各地で伝言を再生できるサービスです。 このようなサービスを利用すれば災害時にスムーズに安否確認ができます。

SNSを代替手段として使おう

地震直後は携帯電が繋がりにくくなります。 その代りとしてTwitter、facebook、LINEなどSNSが安否確認のツールとして役に立ちます。 SNSは災害時でも比較的スムーズに使用できるので、家族の安否確認をSNSを利用して確認する人が増えています。

災害時の集合場所を決めよう

家族と連絡が取れない場合も考えて、災害が発生した時の集合場所を決めておきましょう。 集合場所が決まっていれば、災害時でも家族の安否確認がスムーズにできます。 集合場所として近くの避難所が上がると思います。 家族間で近くの避難場所を把握しましょう。 前もって集合場所を決めて確認しておくことが大切になります。